【選択】宇宙と素粒子 理工系 数物系科学

我々の宇宙は、どうして、どのようにして現在の姿になったのか。素粒子の世界を調べていくことでその謎を解き明かします。

講習概要

われわれの存在しているこの宇宙を現代の物理学はどのように理解しているのか、そしてわれわれを作っている原子、素粒子の世界はどのようになっているのかを学ぶ。特に、宇宙全体の姿とミクロの素粒子は実は深く結びついており、宇宙の研究から素粒子が予言され、素粒子の研究から宇宙の過去・現在・未来が予言されることを学び、現代の自然観の全貌を俯瞰する。

講義内容

認定証番号平30-30186-500697号
時間数6時間
対象地域全国
対象職種教諭
主な受講対象者(目安)小・中(理科)・高(理科)
講義形式インターネットを利用したe-Learning、1回は45分(小テスト込)
修了認定の方法筆記試験(試験時間は30分)
講師青木 健一(金沢大学理工研究域数物科学系教授)/末松 大二郎(金沢大学理工研究域数物科学系教授)

各回の講義

各回のタイトル学習目標担当者
1アインシュタインの発見 その1

光の正体についての歴史的な探求経過を理解する。

光速度の測定方法の実例を説明できるようになる。

青木 健一
2アインシュタインの発見 その2

相対性理論の本質的な前提とそれが意味することについて説明できるようになる。

光の量子性と波動性について具体的に説明ができるようになる。

青木 健一
3星の一生

星の誕生から死への変遷、元素の起源について理解する。

宇宙にあるいろいろな天体や現象について事例を挙げて説明ができるようになる。

末松 大二郎
4宇宙は無限の過去からあるのか?

宇宙が永遠に続くなら矛盾に導くことを説明できるようになる。

光のドップラー効果について説明できるようになる。

宇宙膨張の理論的、実験的な証拠について事例を挙げて説明ができるようになる。

青木 健一
5宇宙背景輻射の発見

宇宙背景輻射の予言と発見について理解する。

宇宙の大規模構造について理解する。

素粒子を見る加速器の原理と構造について説明できるようになる。

青木 健一
6ダークな世界

宇宙の主成分ダークエネルギーについて理解する。

宇宙にはダーク物質があることについて事例を挙げて説明ができるようになる。

末松 大二郎
7素粒子の統一理論

素粒子とその相互作用、湯川と朝永のノーベル賞について理解する。

統一理論について事例を挙げて説明ができるようになる。

末松 大二郎

その他、連絡等

インターネットを通じて学習します。

受講するためには、動作環境を満たすデバイスとインターネットを利用できる環境が必要です。

インターネットが利用できるのであれば、受講時間、受講場所は問いません。いつでもどこでも学習できます。

具体的な学習方法等については、受講者決定後、ホームページ等で案内をします。


開講科目一覧に戻る