【選択】わかりやすい小学校理科実験の手引き(電気・磁気) 理工系 数物系科学

電磁気は、新しい項目が追加され戸惑っておられる先生方も多いので、先生方のご質問に答える形で授業に含めています。

講習概要

小学校から大学まで一貫して学ぶ電磁気は、社会生活とも密接につながっています。この講習では、電気と磁気という2つの異なった現象が、どのように統一されたかを解説し、電磁気を具体的かつイメージ豊かに捉えるメニュー、素材、好奇心を引き出す工夫、発展的な教材の紹介などを盛り込みました。電磁気の基礎概念として、しっかり捉えることが大切です。きっと新しい発見ができます。

講義内容

認定証番号平30-30186-500723号
時間数6時間
対象地域全国
対象職種教諭
主な受講対象者(目安)小・中(理科)・高(理科)
講義形式インターネットを利用したe-Learning、1回は45分(小テスト込)
修了認定の方法筆記試験(試験時間は30分)
講師坂東 昌子(NPO法人知的人材ネットワークあいんしゅたいん理事長、愛知大学名誉教授)/松林 昭(京都教育大学大学院非常勤講師、立命館大学非常勤講師)

各回の講義

各回のタイトル学習目標担当者
1テスターで見よう

電気が流れていることをチェックする道具とは?

電流を流す物質と流さない物質の違いを理解する。

坂東 昌子
松林 昭
高見 雄一
2電流計で電気の量を調べよう

電流の強さの調べ方がわかる。

強力な電流や微弱な電流を調べるには、閾値を違うものに用いる必要があることがわかる。

松林 昭
高見 雄一
3電流を水流で理解する

電流と電圧の意味が説明できる。

電池のつなぎ方・・直列と並列を理解する。

電流と水流を比べて直観的理解につなげる。

坂東 昌子
高見 雄一
4磁石の不思議

N極とS極による、力の及ぼしあいが分かる。

方位磁針は微弱な磁力でも検出できるセンサーであることが分かる。

磁石に引き寄せられる金属が分かる。

松林 昭
高見 雄一
5切っても磁石

磁石の真ん中は極ではないことがわかる。

磁石を切った場合、切った磁石の両端が極となることがわかる。

磁石からでている磁力線を観察し、磁力誠意が両極から出ている様子が分かる。

松林 昭
高見 雄一
6電場と磁場

電気が流れると周りに磁場ができることを理解する。

直線電流とコイルの電気と磁気の関係を理解する。

電磁石と永久磁石の違いを説明できる。

坂東 昌子
高見 雄一
7電気の時代をむかえて

電気・磁気の関わりと電磁気学の歴史が分かる。

新学習指導要領のコンデンサーと電気による発熱について学ぶ。

坂東 昌子
松林 昭
高見 雄一

その他、連絡等

インターネットを通じて学習します。

受講するためには、動作環境を満たすデバイスとインターネットを利用できる環境が必要です。

インターネットが利用できるのであれば、受講時間、受講場所は問いません。いつでもどこでも学習できます。

具体的な学習方法等については、受講者決定後、ホームページ等で案内をします。


開講科目一覧に戻る